トニー・ホークは、アルツハイマー病を患っているお母さんと一緒に訪問した後、

トニー・ホークは、アルツハイマー病を患っている母親について語っている.

プロスケートボーダー(50歳)は、彼の母親ナンシーさんの手を持って自分自身の優しい写真でInstagramに行った。キャプションで、彼は木曜日に彼らの感情的な会合の詳細を共有した.

View this post on Instagram

I visited my mom today. She has 93 years of life behind her, but the last ten have been increasingly corrupted by Alzheimer’s and dementia. She was a secretary at a high school when I was young, later becoming a business teacher at a local college and eventually earning her doctorate in business education. She used to type so much that whenever we had a quiet moment together (usually in front of the TV), she would hold my hand and I could feel her fingers pulsating with keyboard strokes. In other words, she was subconsciously dictating her thoughts and experiences through phantom keyboards in real-time. At first, it annoyed me to no end; fingertips were tapping away on me while I had to endure 60 Minutes (her choice, of course). She was strong, vivacious, quick-witted, edgy and ultra supportive in those days. When I see her now, she doesn’t recognize me. Sometimes there is a slight glimmer in her eye, sometimes she babbles incoherently, and sometimes she uncontrollably bursts into tears. Today we mostly sat in silence. I gave her updates on our family and fed her Coca Cola through a straw every few minutes (which she still loves, even through her catatonic condition). But then I noticed her fingers twitching. I’m not sure for how long; maybe they’d been moving the whole time and I wasn’t paying attention. As I watched, I was reminded of her habit of typing unconsciously throughout my life. And even though it may have only been her body [yet again] betraying her, it gave me comfort knowing that perhaps she is still in there somewhere typing away about her life, her experiences, her feelings, and our current conversation. Most of my visits end with a feeling of despair and impending finality, but today I left with a sense of hope. I like to think of my mom air-typing “fuck Alzheimer's” as I walked away. #endalz

A post shared by Tony Hawk (@tonyhawk) on

ホーク氏は、「私は今日、私の母親を訪ねた」と語った。「彼女は93歳の彼女の後ろにいるが、最後の10人はアルツハイマー病と認知症によってますます腐敗している。

彼は、母親がアルツハイマー病を患う前に、自分の記憶や他の精神機能に影響を与える進行性の病気であることを説明した。彼女は高校幹事として働いていた。彼女は現地のカレッジでビジネスクラスを教えていき、最終的にビジネス教育で博士号を取得しました.

「彼女は私が静かな瞬間(通常はテレビの前で)をするたびに、私は手を握り、指がキーボードストロークで脈打つように感じることができた」とホークは回想した。 「言い換えれば、彼女は無意識のうちにファントム・キーボードを通じて自分の考えや経験をリアルタイムで指示していた」

スケートボーダー Tony Hawk and mother Nancy Hawk
プロスケートボーダーのTony HawkがInstagramのポストで、彼のお母さん、ナンシー・ホーク、アルツハイマー病.ゲッティイメージズ

ホークは一度、彼の “指先を…私の上を軽くたたく”ように “迷惑をかけた”と認めたが、ペアはテレビを見た。当時、ナンシーは「強く、活発で、素早く、鋭く、超支持的だった」と思いました。

最近、彼女はホークが誰であるかを知らない.

「今私が彼女を見ると、彼女は私を認識しません」と彼は話しました。 「時には彼女の目には少しのかすかな光があり、時には彼女は不器用なように揺らぐこともあり、時には彼女は制御できないほど涙を浮かべることもあります。

ホーク氏は木曜日の訪問中、ナンシーさんの家族についての最新情報、そして彼女が緊張状態でも愛しているコカ・コーラを飲み込んだと付け加えた。

新型アルツハイマー薬の試行は、認知症を遅らせる有望な徴候を示す

Jul.26.201801:44

「しかし、私は彼女の指が痙攣していることに気付きました。私はどれくらいの時間があるのか​​分かりません;たぶん彼らはずっと動いていて、注意を払っていなかったかもしれません」と、ジェスチャーは彼に “私の人生の中で無意識のうちにタイピングしています。

「彼女の身体が(まだ)再び彼女を裏切っただけかもしれないが、それは彼女が彼女の人生、彼女の経験、彼女の気持ち、そして現在の会話をどこかに入力しているかもしれないということを知っていて、共有.

彼のママの指を見ると、ホークは強く活発なキャラクターを思い起こさせる.

「私の訪問のほとんどは、絶望感と終わりのある終わりで終わっている」と彼は認めた。「しかし、今日、私は希望の感覚を残した。私が歩いている間、私の母親の空気タイピング「f —アルツハイマー病」離れて。 “

ウォッチトニー・ホークは家族に値するためにクリスマスの驚きを提供する

2011年12月11日03:41