パートナーを失ってから悲しみについて学んだことを「食べて、祈り、愛」著者

エリザベス・ギルバートは、彼女の執筆において彼女の最も個人的な経験を処理することに慣れています。彼女はパートナー、Rayya Eliasを失った数ヶ月後、今、もう一度やっています。.

ベストセラーの2006年の回顧録「Eat、Pray、Love」の著者ギルバートは、水曜日のInstagramの支持者と悲しみを語るメッセージを共有した.

View this post on Instagram

Dear Ones: This picture of me and Rayya was taken one year ago today, on the morning of our commitment ceremony — a day on which we bound our hearts to each other forever, in front of a small circle of friends. What does “forever” mean, when one of the lovers has terminal cancer? That’s simple: It means FOREVER. Six months ago this week, Rayya died. People keep asking me how I’m doing, and I’m not always sure how to answer that. It depends on the day. It depends on the minute. Right this moment, I’m OK. Yesterday, not so good. Tomorrow, we’ll see. Here is what I have learned about Grief, though. I have learned that Grief is a force of energy that cannot be controlled or predicted. It comes and goes on its own schedule. Grief does not obey your plans, or your wishes. Grief will do whatever it wants to you, whenever it wants to. In that regard, Grief has a lot in common with Love. The only way that I can “handle” Grief, then, is the same way that I “handle” Love — by not “handling” it. By bowing down before its power, in complete humility. When Grief comes to visit me, it’s like being visited by a tsunami. I am given just enough warning to say, “Oh my god, this is happening RIGHT NOW,” and then I drop to the floor on my knees and let it rock me. How do you survive the tsunami of Grief? By being willing to experience it, without resistance. The conversation of Grief, then, is one of prayer-and-response. Grief says to me: “You will never love anyone the way you loved Rayya.” And I reply: “I am willing for that to be true.” Grief says: “She’s gone, and she’s never coming back.” I reply: “I am willing for that to be true.” Grief says: “You will never hear that laugh again.” I say: “I am willing.” Grief says, “You will never smell her skin again.” I get down on the floor on my fucking knees, and — and through my sheets of tears — I say, “I AM WILLING.” This is the job of the living — to be willing to bow down before EVERYTHING that is bigger than you. And nearly everything in this world is bigger than you. I don’t know where Rayya is now. It’s not mine to know. I only know that I will love her forever. And that I am willing. Onward.❤️

A post shared by Elizabeth Gilbert (@elizabeth_gilbert_writer) on

「人々は私のやり方を尋ね続けているが、私はいつもそれに答える方法が必ずしもわからない。それは日によって異なり、分によって決まる。明日、我々は見るだろう」ギルバートは、昨年の組の約束式の写真の横に書いた.

エリアスの死後、彼女は悲しみについて学んだのは、それが「制御されたり予測できないエネルギーの力」だということです。

彼女が書いた悲しみは、「自分の予定通りに来て行き、悲しみはあなたの計画や願いに従わない。悲しみは、あなたが望むときはいつでも、あなたが望むものは何でもする。愛。”

エリザベス Gilbert and partner Rayya Elias
著者Elizabeth Gilbertは、彼女のパートナー、Rayya Eliasが1月に癌で死亡して以来経験している悲しみについて語りかけました.ノアム・ガライ/ゲッティイメージズ

ギルバートは彼女の悲しみを「津波」と比較しながら、彼女の感情に対して無力感を表明した。彼女は「抵抗することなくそれを体験しよう」と思っていた.

彼女は彼女の苦しみの中で、彼女の笑い声と肌の匂いを含めて、彼女が愛していたエリアのすべてのものを受け入れることを “喜んで”いると説明するために行った.

ギルバートは2016年に彼女が10年の夫から離れていたことを発表しました。ホセ・ヌネスは「食べて、祈り、愛」について書いたブラジルの輸入業者です。 2ヵ月後、彼女は彼女が作家、音楽家、そして彼女の長年の親友であるEliasと恋していたと話した。彼女は、エリアスが膵臓癌と肝臓癌と診断された時点で、彼女がエライアスと恋に落ちていたことを明らかにした.

2017年6月、ギルバートはファンに彼女を知らせ、エリアスは「一緒になって本当に困難な日々」を過ごした後、約束の儀式を持っていた。

「私たちの式典は法的に拘束力がありませんでした(当局に警告する必要はありません)…私たちが長い間知られてきたことの静かで個人的な祝典です。私たちはお互いに属しています。.