ジェームズ・リプトンはフランスで一度の「ポン引き」職を守っている

それで、多くの人々が水曜日に初めて学んだように、長年に渡って行われた「内部の俳優スタジオ」の由緒あるホストは、約1年間、第二次世界大戦後のパリ.

OK、そうでないかもしれません。ジェームズ・リプトンは木曜日にマット・ラウアーと話をして、売春関連の仕事の意味について語った。また、「スタジオ」については、水曜日の夜、第250話を放映した.

ブラボーのジェームズ・リプトンは、ポン引きとしての彼の過去を詳しく述べる

5月30日03:42

「ポンペンはアメリカの言葉だ」と彼は語った。代わりに、彼はフランスでは用語が「メック」であり、「ポンとメックの違いは深い」と彼は付け加えた。.

彼が説明したように、「犯人は悪用され、しばしば彼の女性を虐待します。彼の女性のための ‘メック’は動作します。

また、彼は「非常に若い」当時、戦争直後であり、雇用は事実上不可能であると指摘した – フランス人と外国人の両方にとって。彼はフランスに滞在したいと思っていました。これが法的には、売春は国で規制されていたので.

Lauerは、彼らが友人だった20年の間にこれを聞いたことがないと主張して、本当にショックを受けたようでした。リプトンは、2007年に出版された「Inside Inside」の回想録ですべてのことを話したことを彼に思い出させた。「私はショックを受け、誰もがショックを受け、ショックを受けたことにショックを受けた!彼が笑いました.

リプトンはブラッドリー・クーパーがインタビューのために彼と一緒に座ったときだった “スタジオ”でこれまでに持っていた最高の瞬間の1つについて語った。 「私は彼の学長だった、彼は私の学生だった」とリプトンは言った。 「彼は私のショーで私の隣に戻って座って私たちの二人が涙を浮かべ、私たちが続ける前に止めなければならなかった私たちの卒業生の一人だった」

男性は自分の仕事を愛している.