エルトンジョンは、ラスベガスの撮影の結果、彼が今アメリカに求めているものを生きている

エルトン・ジョンは世界中に住宅を持っていますが、シーザーズパレスで複数の長期居住のおかげで、彼のルーツはラスベガスの深いところを走っています.

スーパースターシンガーソングライターは、近代アメリカの歴史の中で最も致命的な大量撮影がストリップの音楽祭で行われた10月1日、エンターテインメントの首都から離れていた.

彼は戻ってきたラスベガス出身で、今はTODAYのMatt Lauerとのインタビューで、ジョンは悲劇とその後の人生について語っている.

エルトンジョン:私は ‘ベニーとジェッツ’はヒットだろうとは考えなかった

2011年11月10日05:23

「撮影はちょうど…ちょうど寒かった」と彼は58人の死者と500人以上の他の人が負傷した撮影を見たと報告した。 「戦争のようだった」

しかし、彼が町に戻ったとき、彼は見たものに触発された.

「私は人間の精神が信じられないほど動いていることを知っている」と、70歳は言った。 「あなたが得意とする演技家として、あなたが知っているのは、団結感がありました」

ラスベガスとそれを超えて、彼が耐えたいと望む気持ちです.

「何か悪いことが起きたときの統一感が、アメリカの統一期の感覚に移ることができれば、それはすばらしいことだろう」と音楽のアイコンが続きました。 「私は、1970年以来ここに来ていて、私はこの国を愛しています。私の2番目の家です…この国は、私が望むことができるすべてを私に与えました。もはやお互いにコミュニケーションを取らず、人々はお互いにとても憎んでいるので、私をそんなに混乱させる」

今、彼の希望は、ラスベガスでの撮影の結果、偏極した人口が平和的に共存する方法を見つけることができ、おそらくは.

「毎晩、より良いものになるように祈り、彼らが誰であるか、誰が投票するのかを忘れてしまう。彼らの体の愛が輝くからだ」と彼は言った。アメリカはこの瞬間にそうだ」