かつてのESPNアンカーは、流産の悲惨な話を共有しています

元ESPNのアンカーは、 “SportsCenter”のライブ放送を主催している間、妊娠中の遺産を含む彼女の妊娠した記事を含む、妊娠しているポストの母親への彼女の苦痛な道を開いた。

スポーツ誌のジャーナリスト、サラ・ウォルシュ(Sara Walsh)は、不妊症や流産に苦しんでいる女性と共鳴したInstagramの記事に、「妊娠3ヶ月のTuscaloosaに到着しました。 「大学の子供たちが並んでいるのは、私が赤ちゃんを失っている間に、私たちのセットの背後にあるナッツが並んでいるのは、驚きました。私は怖いし、私は妊娠していないことを誰も知らなかったので、これを数千マイル以上離れた場所から見て、商業休憩中に病院のオプションを教えてください」

View this post on Instagram

My mother bought them these onesies because she thought they were funny. For us, they're especially poignant. Finding a good egg didn't come easy for me, and I suspect there are many people out there facing the same struggle. • The road down a dark path began while hosting Sportscenter on the road from Alabama. I arrived in Tuscaloosa almost three months pregnant. I wouldn't return the same way. The juxtaposition of college kids going nuts behind our set, while I was losing a baby on it, was surreal. I was scared, nobody knew I was pregnant, so I did the show while having a miscarriage. On television. My husband had to watch this unfold from more than a thousand miles away, texting me hospital options during commercial breaks. • It would get worse. Two more failed pregnancies. More than once, I'd have surgery one day and be on SportsCenter the next so as not to draw attention to my situation. We then went down the IVF road of endless shots and procedures. After several rounds, we could only salvage two eggs. I refused to even use them for a long time, because I couldn't bear the idea of all hope being gone. I blew off pregnancy tests, scared to know if it worked. It had. Times two. • It was exciting news, but we knew better than to celebrate. So I spent a third straight football season pregnant, strategically picking out clothes and standing at certain angles, using scripts to hide my stomach. There would be no baby announcement, no shower, we didn't buy a single thing in preparation for the babies, because I wasn't sure they'd show up. We told very few people we were pregnant, and almost no one there were two. For those that thought I was weirdly quiet about my pregnancy, now you know why. • For as long as I can remember I hosted Sportscenter on Mother's Day. The last couple years doing that have been personally brutal. An hours-long reminder of everything that’s gone wrong. Finally, i was so looking forward to doing this show, on this day. But being layed off on maternity leave is just the next challenge I hope to overcome. Instead of being on tv I got to hang with these two good eggs. My ONLY good eggs. And I know how lucky I really am. #twins #ivf #2goodeggs

A post shared by Sara Walsh (@sarawalsh10) on

郵便に付随する写真では、ウォルシュは3ヶ月前の双子、ハットンとブリーズと会って、「良い卵」の仲間を揃えている.

TODAY.comで子育ての話を忘れないでください!ニュースレターに登録する.

「良い卵を見つけることは容易ではなかった」とウォルシュは語った。 「そこには多くの人々が同じ闘いに直面しているのではないかと疑う。

ウォルシュはさらに2つの流産に苦しみ、ある日手術を受けて、彼女の闘いを非公開にするために彼女のショーを撮影したことを思い出します.

ウォルシュと彼女の夫、プロ野球選手のマット・ブッシュマンは、その後IVFに向かい、医師は彼女の回収手続きから2匹の卵を救うことしかできないことを知った.

ウォルシュ氏は、「長い間、私はすべての希望がなくなったという考え方に耐えることができなかったため、長い間使用しなかった」と語った。 「妊娠検査を却下し、それがうまくいくかどうかを知るために怖がっていた。それは、2回あった。それはエキサイティングなニュースだったが、祝うよりもよく知っていた」

https://www.instagram.com/p/BSHa9igAoJx

ウォルシュは、戦略的なカメラアングルと慎重に選ばれた衣装でファンから妊娠を隠し、友人に妊娠を発表したり、赤ちゃんを失う恐れからベビーシャワーを持たずに.

「私が妊娠について奇妙に静まっていると思っていた人のために、なぜあなたはその理由を知っています」とWalshは書いています.

ウォルシュは、妊産婦休暇中にESPNによって解雇されたので、仕事に戻ることはないと5月4日に発表した.

彼女は過去に、母の日は彼女の損失のために彼女のための困難な一日だったと話しましたが、今年は、彼女は彼女の祝福を数えていたと書いています.

「私が覚えている限り、母の日にスポーツセンターを主催し、最後の2年間は個人的に残酷でした。間違っていたことすべてを何時間も思い出させてくれました」とWalshは書いています。 「今日はテレビにいませんでしたが、いつ私が再び来るか分かりませんが、代わりに私はこれらの2つの卵で吊り下げなければなりません。私の唯一の良い卵と私は本当に幸運なことを知っています。

関連:

  • あなたが流産した女性に決して言ってはいけない5つのこと
  • オリンピックドミニク・ドースは感情を共有し、最近の流産の詳細
  • 不妊症に苦しんでいたお母さんのDesiree Fortin、三つ子を上げる喜び

母の日に、心が痛む母親に

05.12.201702:24