哺乳瓶と法律の本:どのように彼女のハーバード大学の卒業にそれを作った

ブライアナウィリアムズがハーバード大学の法学の学位を取得したとき、彼女は学校の最後の1年を通してキャンパス内で競い合ったのと同じように卒業段階を歩いた。.

24歳の卒業生は彼女の13月の娘Evelynと帽子と帽子を合わせて写真を撮った一連の写真の中で彼女の5月24日の始まりの意義を指摘した。ウィリアムズはインスタントグラムにその写真を投稿した.

「最初は、私は疎外なコミュニティの異常でした。そして、母親として、私は統計になりました」と彼女は書いています。 「次に、私の願いのために、私は祈っています – 私は例になるでしょう。

View this post on Instagram

I went into labor in April- during final exam period. I immediately requested an epidural so that my contractions wouldn’t interfere with my Family Law grade. And, with tears in my eyes, I finished it. This “biting the bullet” experience is quite quintessential of my time at Harvard. To say that my last year of law school, with a newborn, and as a single mom was a challenge would be an understatement. Some days I was so mentally and emotionally fatigued that I did not leave my bed. I struggled with reliable childcare. It was not atypical to see me rushing through Wasserstein to the Dean of Students’ office with Evelyn in her carriage, asking DOS can they keep her for a few until class was over. If not, she’d just have to come with me to class. Evie attended classes often. So I’m going to be honest with you guys.. I didnt think I could do it. I did not think that, at 24 years old, as a single mom, I would be able to get through one of the most intellectually rigorous and challenging positions of my life. It was hard. It hurt. Instagram can make peoples’ lives seem seamless, but this journey has been heartwrenching. However, I am happy to say that I DID do it. Today, Evelyn in my arms, with tears streaming down my face, I accepted my Juris Doctor from Harvard Law School. At first, I was the anomaly of my [marginalized] community. Then, as a single mother, I became a statistic. Next, I pray that- for the sake of my baby, I will be an example. Evelyn- they said that because of you I wouldn’t be able to do this. Just know that I did this BECAUSE OF YOU. Thank you for giving me the strength and courage to be invincible. Let’s keep beating all their odds, baby.

A post shared by Briana Williams, Esq. (@lovexbriana) on

また、ウィリアムズ氏は、昨年の就労中に最終試験をどのように終えたのか、そして「私の収縮が私の家族法の学年を妨げないように、すぐに硬膜外膜を求めた」という話に注目している。

彼女は心配することは何もなかったことが分かった.

TODAY子育てのニュースレターで育児の話を忘れないでください!ここにサインアップする.

「その学期はうまくいった。私は本当にうまくやっていました」と彼女は今生きていてすぐに働くロサンジェルスからTODAYに語った。ウィリアムズはすでにこの地域の大企業の訴訟部門に就職している.

しかし、今のところ、彼女は7月のバー検定のために勉強しています。ちょうど彼女が達成した偉業に輝くスポットライトを楽しむ少しの時間を残しています.

シングル mom Briana Williams graduates from Harvard law school
1歳のEvelynは彼女のお母さん、Briana Williamsの卒業式に興奮しています!@ lovexbriana / Instagram

ウィリアムズは、Instagramで彼女に従う人がほとんどいないため、彼女が去年経験した感情の疲労の広告ジェットコースターを理解していなかったので、彼女が旅に出た理由の一部は、.

ソーシャルメディアでは、多くの人が結果を見ていますが、そのプロセスは見えません。私のソーシャルメディアは、私が遅くに泊まる夜、すべてのおむつ、エブリンだけを育てる過去の闘いを見せてくれない」と彼女は言った。「私は私の話を分かち合いたいと思った。誰かにそのように感じさせるだろう」

ウィリアムズはエヴリンを自ら立ち上げましたが、彼女のハーバード共同体からの多くの助けを借りて育てました。彼女はコストのために保育園を使いませんでしたが、貯蓄と生活費の代わりにお金を払っていました。彼女は友人に頼ってベビーシットをしていました。彼女は時には娘を授業に連れて行った.

「私が先生にEメールを送る必要がある場合はEメールを送ってくれ、彼らはうまくいくだろう」と彼女は言った.

シングル mom Briana Williams graduates from Harvard law school
EvelynはしばしばHarvard Law Schoolで母親と授業に出席した.@ lovexbriana / Instagram

彼女はまた、拘束されているときに彼女が頼りになることができると知っていた人でいっぱいの特定の建物.

私は、Evieがその日に落ち着かず、本当に集中する必要があることがわかったら、学生の学部長に彼女を落とす」と彼女は言った。 「彼らはすべて彼女をそこで愛していた」

ウィリアムズは、彼女がそれを作るとは思っていなかった多くの日があったと認めていますが、彼女の業績は他の人にインスピレーションを与えることを望んでいます.

「私たちに起こった不幸なことは、人生にはいくつかありますが、私たちが彼らをどのようにして前進させるかを外部の環境に指示すべきではありません」.

「松葉杖として使うこともできるし、証言に追加して他の人に影響を与えることもできる」と彼女は付け加えた。 「起こったすべての否定的な事柄で、そのタイプの考え方を取るならば、あなたはいつも最後に勝ちます」

それはウィリアムズが彼女のInstagramポストの最後に感謝した彼女の娘のために成功する以外に選択肢がないと感じた.

「無敵になる力と勇気を私に与えてくれてありがとう」と彼女は書いています。