大阪直美:セリーナ・ウィリアムズを破った後、「私は謝罪しなければならなかったように感じた」

ナオミ・オーシャンズの初のUSオープンタイトルは、テニスの台頭.

彼女はウィリアムズと司会の審判の間で論争の的になっている対立を特徴とする試合で、偶像化した選手、セレーナ・ウィリアムスを打ち負かした後、大阪は本質的に試合後に勝利を謝罪した.

USオープン優勝者のナオミ・大阪が、セレーナ・ウィリアムズの試合について議論を交わす

Sep.10.201805:09

大阪は初めてのグランド・スラムで6-2,6-4で勝利した後、ESPNにインタビューで「誰もが応援していたことを知っている(ウィリアムズ)、このように終わらなくて残念だ」と語った。

ウィリアムズは、記録的な第24シードのグランド・スラムのタイトルを目指していたが、観客に拍手を止めて、感情的な試合後の式典で大阪の勝利を祝うように.

「誰もが不幸に思っていたように感じただけだ」と、大阪はホダ・コットとサバンナ・ガスリーに、月曜日の朝、今日に向けて語った。.

「私の夢の中では、非常に厳しい競争の中で勝ったことは分かっています。私はただの感情を感じました。私は謝罪しなければならないと感じました。

この試合はウィリアムズがカルロス・ラモスの審判員からカルロス・コモスの監督からの指示を受けたことで罰せられた時から始まった論争の的となった議論の後、両選手のファンと涙の拍手で終わった。.

ウィリアムズはラケットを挫折させたことで自動的にペナルティを受け、ラモスはラモスを「泥棒」と「嘘つき」と呼んだ。

彼女は後にラモスを性差別嫌疑にさらした.

「ここには男性がいますが、私は女性ですから、私は女性ですから、これを私から取り除くつもりですか?」と彼女は言った。「それは正しいことではありません。

セレナ・ウィリアムズはママたちが#ThisMama

Aug.27.201802:32

大阪は「私は背中に行って何が起きているのか分からず、背中が回っていた」と話していたが、それを知る前にゲームのペナルティがあったと言っていたので、ビット全体が混乱している。

その後、クイーンズのアーサー・アシュ・スタジアムでの群衆は、ボロで噴火した。大阪は当初、ラモスの代わりに彼女を指揮したかもしれないと思った.

「私が拍手をしているのか、自分が望む結果ではないのか分からなかったので、少し悲しかった」と大阪は言いました。私の一生のセレナのファンであり、群衆が彼女に勝つことをどれほどひどく望んでいるのか分かりました。私は知らない、私は本当に感情的だった。

大阪は勝利後の旋風の中でウィリアムズとの論争に詳しい内容は見ていない.

彼女は、「私は実際に意見を出すことはできない」と述べ、「すべてを見たいと思っているが、何が起こったのかを知りたいのは、これが私に起こった最大のものの1つだったからだ」

TODAY.comの作家Scott StumpにTwitterでフォロー.