キャロライン・ケネディ:ドナルド・トランプの「アメリカ初の」アプローチは、

キャロライン・ケネディ(キャロライン・ケネディ)元駐米大使は、TODAYのマット・ラウアー氏との独占インタビューで、ドナルド・トランプ大統領の「アメリカ初の」外交政策への悩みを述べた.

「例えば米国と並んでオーストラリアと戦った味方として、あるいは日本と韓国の場合にアメリカの安全保障に多額の貢献をしている味方として、当然のことであると侮辱されたり、侮辱されたりするのは驚くべきことだと思う大統領は、地域の友人や同盟国と協力して利益を得られることを願っている」とケネディ氏.

Caroline Kennedy:トランプの同盟国への「アメリカの最初の」姿勢は「警戒」

Feb.03.201705:09

ケネディは先月、大使として3年間務めた後に辞任した.

先月金曜日、マーティス国防長官は、初めての外交の一環として、新大統領からの厳しいレトリックにもかかわらず、米国が強い味方であり続けることを国民に安心させる任務の一部として日本に到着した.

マッティスは、退去した海兵隊の将軍たちが同じことを指導者たちに安心させようとしたとき、韓国を離れて日本に向かった.

「この地域は未来にとって非常に重要なものなので、国防長官が我々の同盟国と協議して安心していることが重要だ」と彼女は言った.

選挙運動の間、トランプは日本と他のアジア諸国に彼ら自身の防衛のためにより多くを支払わせることを約束した.

ケネディ氏は、日本は既に他のどの国よりも多くの貢献をしていると述べた.

「彼らは拠点の75%以上を拠出しており、我が国は強く、駐留軍がそこにいることに興味がある。.

ケネディ大統領は、米国はまた、日本と良好な関係を維持することに経済的関心を持っていると述べた。同国は、同地域における「私たちの味方」と最も戦略的なパートナー.

「日本の安全保障は、米国の安全を助け、米国企業にとって多くの雇用と経済的機会を提供する」と彼女は言った.

トランプはミサイルテスト後にイランに制裁を科す可能性がある

Feb.03.201703:41

最近数年後に帰国したばかりのケネディ氏は、「家にいるのはすばらしい」と語ったが、次のステップは何か.

「私は次に何をするかを見極めるつもりだ」と彼女は言った.

公務員のための控訴を検討したり排除したりするかどうかという質問に対して、彼女は「私はむしろ朝のテレビにいると思う」と冗談を言った。

TwitterやFacebookでEun Kyung Kimをフォローしましょう.