スコット・ピーターソンオフィサー、パークランド撮影中の行動を守る

2月のパークランドでの大量虐殺中に銃撃事件に立ち向かうために校舎に入らないことを強く批判された学校のリソース担当官は、虐殺以来初めてのカメラのコメントで彼の行動を擁護した.

スコット・ピーターソンは、サバンナ・ガスリーとのインタビューで、2月14日のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校での撮影について14日、14人の学生と3人の職員が死亡したとの独占インタビューで語った.

パークランドのオフィサー、スコット・ピーターソン:「私は恐怖に思ったことはありませんでした」

Jun.05.201808:31

「それは、私がその瞬間に知らなかったことに私を惹きつけている。あなたが知っているのは、それらはそこの私の子供だ」と彼は言った。 “私はそこに座って、私の子供たちが虐殺されることは決してありませんでした。”

撮影8日後、ブロワード郡保安官スコット・イスラエルは、ピーターソンは流血を止めるために何もしなかったと言った。ピーターソンは当初中断されて辞任したが、イスラエルは.

銃撃戦が始まった当時、学校で唯一の武装警備員だったフロリダの元保安官代理人、ピーターソン氏は、現時点では、学校に活発な射手がいるとは思わなかったと語った。サバンナは、全米の数多くの学校の射撃を考えれば、それがどう考えられるのかを指摘しました.

「人々が行くためにそこに座るのは簡単だ。ああ、彼はその人がそこにいることを知っていたはずだった」と彼は言った。

事件後に公開された監視映像は、ピーターソンが暴力ライフルで武装していた元兵士のニコラス・クルズ(18歳)容疑者を止めようとするのではなく、.

スコット Peterson
ピーターソンは撮影中にどこに位置していたのか、彼の心に何が起こっていたのかを詳述した. 今日

ピーターソン氏は、銃声を聞いた後、撮影が行われた学校のビル12で動くとは思わなかったことを明らかにした.

「私が外でそのショットを聞いたとき、私は誰かが建物の中にいるとは思わなかった」と彼は言った。私は思った、「ここには外で撮影があります。私はそれがどこにあるのか分からない。

ピーターソン氏は、学校モニターから「爆竹機」の報告を受けた後、彼は事務所から走って建物12の中または駐車場に狙撃犯が潜在的に存在すると考えて外に出た.

パークランドの高校生は、撮影に関する新たな詳細を発表

Jun.04.201803:55

ピーターソンは「勇気がなかった」と「貧弱な仕事をした」と付け加えた。

ピーターソンは彼が建物に入らないための臆病者であるという特徴付けを否定した.

“家族は知っておく必要がある、私はそれを正しくしませんでしたが、それは”私は建物に入ることを望んでいない(または、私はそこに誰かに直面したくない “ピーターソン氏は「まったくそうではなかった」と述べた。

「私はいつも何かをやっていたので、怖がったり臆病になったりすることは一度も考えられませんでした。

撮影は10分足らずで、クルーズはUberの学校に2時19分に到着しました。午後2時27分には、監視ビデオと警察の無線交通.

ピーターソンは午後2時24分にビルの外に到着しました。クルーズは3階で3人で6人を殺す道を進んでいました。彼はシーンに狙撃兵がいるかもしれないと信じて彼の立場を取った.

パークランドの学生は、プロムで4人の死亡した高齢者を称える

080年5月6日00:23

彼はまた、ブロワード郡保安官事務所からのリアルタイム情報を入手していないことに気づきました。なぜなら、建物内の生徒からの9-1の電話は、近隣のコーラルスプリングス警察署.

コーラルスプリングスの役人が到着したとき、彼らの誰も内部に活発な射手がいると彼に言ったのは誰も、ピーターソンは言った。彼はまた、フットボール場と中学校の近くで射撃があったという矛盾した報告を受けた.

ピーターソン氏は、なぜ銃撃がどこから来たのか把握するのに時間がかかりました.

「それはハリケーンに強い建物だ」と彼は言った。「聞こえにくい。非常に厚いガラスです。」

撮影の後、ピーターソンは現在、訴訟に直面している.18歳の犠牲者であるMeadow Pollackの父親.

スコットは何が起こっているのかを知り、状況を評価し、1200の建物に入り、様々な部屋を清掃し、3階まで行って、AR-15を携えていたNikolas Cruzスコットと彼のサービスの武器、そしてその後45秒でいくつかの種類の戦闘を続行する?ピーターソンの弁護士、ジョセフ・ディルッツォは、今日(米国時間)に言いました。 「今日のことを振り返ってみると、それは現実的だとは思わない」

ピーターソンは、事件について話をするにあたり、「私はこれを乗り越えるつもりはない…彼らは私の子供たちだった…私はその子供たちを守るためにそこにいた」と認めた。

####

TODAY.comの作家Scott StumpにTwitterでフォロー.